女性

適応障害を改善するため~エブリデイチェック~

心の不調の治療

女性

敷居の低さが人気です

現在では適応障害を始めとする社会的な障害が増えています。この手の障害は、背景に少なからず個人の性格が関わっていますが、多くの場合発症の誘因となるのはストレスです。特に仕事や対人関係でのストレスは、適応障害などの心の不調を引き起こしやすいと言えます。適応障害は主に環境への不適応が原因です。職場環境や人的環境に少なからずストレスを感じてしまうことから、体や心に様々な症状が現れます。他の精神疾患のような脳内物資の異常などは特に見られないことが多く、適切な治療をすることで治癒することがほとんどです。ですので、早目に精神科や心療内科を受診することが必要となります。これまでこういった診療科は、軽症では受診しにくい雰囲気がありました。実際様々な理由から、受診をためらっている方が多かったと言えます。最近では、より敷居の低い精神科や心療内科が増えており、若い女性でもためらわずに受診しやすい状況です。適応障害はうつ病や統合失調症などの前触れの場合もあるため、精神科も兼ねた心療内科であれば、診断を受ける上でも安心出来ます。各クリニックで行われる適応障害の治療は概して現実的です。ストレスの原因を把握し、どのように対処すれば良いかを専門医がアドバイスします。考え方に問題がある場合には、認知の歪みを正す認知行動療法が試みられるのが常です。こういった療法を受けることで、自分一人では気が付かない思いグセの修正が出来る点もクリニックが人気を得る一つの理由となっています。

体にも症状が現れます

この適応障害は、多様な症状が現れるのが特徴です。極度の不安感やうつといった心理的な症状はもちろんのこと、時に頭痛や腹痛、腰痛などの身体的な症状を呈することがあります。性格や行動に変化が見られることも少なくなく、過度の飲酒や勤務態度の悪化といった問題行動も適応障害の典型的な症状です。こういった一見分かりにくい症状が起こることから、適応障害は単なるわがままと認識されることもあります。ですが、適応障害になるのは概して真面目で責任感の強いタイプです。うつ病と同様につい頑張りすぎてしまうことが、ストレスを悪化させる一因となっています。クリニックでは、こういった症状をチェックリストなどを利用して把握するのが一般的です。最近大きな環境の変化があったか否かを、チェックリストでは調べます。元々デリケートな方の場合には、些細な変化でも適応障害を引き起こす誘因となってしまうことが問題です。そのため、初診でのチェックは慎重に行なわれる傾向があります。現在では自分で症状をチェック出来るサービスも登場しているため、自宅でもこのようなチェックを体験することが可能です。該当する項目がある場合には、様子を見て医療機関の受診を考えることも大切となります。中にはこういったチェックをしても尚、自分のストレスを認めたがらない方も存在します。こういった方は特に要注意です。気が付いた時にはかなり症状が重症化していることも考えられますので、治療も長期化する危険があります。適応障害は非常に多い病気であり、憶することなくまずは専門医に相談するのが良い方法です。

Copyright© 2015 適応障害を改善するため~エブリデイチェック~All Rights Reserved.