女性

適応障害を改善するため~エブリデイチェック~

誰しも陥る可能性がある病

医者

専門医に受診する

現代のストレス社会には色々な心の病が存在します。その中の一つに適応障害と呼ばれるものがあります。適応障害とは、ある一つの出来事や、置かれた環境に対して上手く適応することができず、その人にとって耐え難く辛く感じられるのです。そして、その為に気分や行動面に変化が現れるものです。憂鬱な気分や不安感が強くなることにより涙もろくなることや物事を過剰に心配したり、神経過敏になることもあります。行動面では無断欠勤や時には無謀な運転、喧嘩や物を壊す行為など、その出方は人それぞれですが、色々な症状があります。大人から子供まで年齢を問わずに発症し、子供の場合は、癇癪や指しゃぶり、赤ちゃん言葉の使用など、いわゆる赤ちゃん返りの症状などが出ることもあります。適応障害は、原因となる出来事がはっきりしているので、その原因を取り除くことができればストレスもなくなり、症状を消失させ、完治にもつながります。しかし、置かれた事情などにより、原因を取り除くことが難しい場合には、専門家のカウンセリングを受けるなどして、ストレスフルの状況に適応する力をつけるということも大切です。適応障害による症状は、一見すると、うつ病など他の精神疾患とも類似しています。しかし、ストレスの要因を取り除くことで症状が回復するため、例えば、仕事が要因の場合は、休日や退社後にはウソのように症状が消失することもあります。この為、本人も適応障害と思わず、放置してしまうこともあります。専門医に受診すれば、そういった疾患の区別も容易で、早い受診が回復への近道ともなり得ます。

回復への近道

現代社会に、多くのストレス要因があるなかで、適応障害に陥る可能性は誰しもあり得ます。実際にその障害に苦しむ人は増えています。忙しい毎日に追われる中で、ストレスを感じながらもなかなか、受診のきっかけがない人も多くいます。その様な方々も、簡単にセルフチェックができる様に、共通のチェック項目があります。実際にはどのような項目があるのでしょうか。それは、明確なストレス要因となる場所や人間関係があり、それらの中に身を置いてから3か月以内に様々な症状が出始めていることや、その症状が社会的生活に支障を及ぼすほどであり、その中に身を置いている間に症状が強く出て、離れると消失するなど、全部で5項目のチェック項目があります。これらの症状に1つでも当てはまる場合には、適応障害を疑って、精神科や心療内科などの専門医を受診することが大切です。早い治療が大切な適応障害には、このようにセルフチェックの項目が定められていることは、とても有効なことだといわれています。ストレスの感じ方や、それが及ぼす影響には波があります。最初は上手く適応していたのに、途中からその環境に適応しづらくなることもあります。その為、セルフチェックで問題がないと判断した場合にも、症状が長引くなど、スッキリしない状況が続けば、受診してみることや、時間を置いてから再びセルフチェック項目に目を向けるなどの対策も大切になってきます。あまりに診断までが長引くと、適応障害が慢性化し、やがては原因を取り除いても回復せずに、うつ病などに移行してしまう可能性もあるので、セルフチェックを有効に活用して、早めに医療機関を受診するなどの対処をすることが大切です。

Copyright© 2015 適応障害を改善するため~エブリデイチェック~All Rights Reserved.